0004


セルジーンとは?

日本で知名度はないが血液腫瘍内科の分野で圧倒的な存在感がある。

多発性骨髄腫の治療成績を飛躍的に向上させたレブラミドとその後継のポマリスト
その二つの薬の売上で約1兆円(2016年)
レブラミドだけで国内大手の第一三共全体の売上に等しい。

他にも乾癬治療薬のオテズラが成長中

製薬会社としての歴史は比較的浅く1986年化学メーカーCelaneseの医薬品部門がスピンオフし誕生
株価はスピンオフ時に買っとけば今現在40倍

レブラミドの売り上げは右肩上がりでだがそろそろ特許切れの心配が出てくる


0003


裁判とか紆余曲折あった結果インドの製薬会社ナトコが
米国では2022年3月からレブラミドのジェネリックを販売できるが
2022年時点では販売量に制限が設けられる。
この制限が完全に撤廃されるのは2026年

つまりできれば2022年までにレブラミドに代わる新薬を用意しておきたい
遅くとも2026年までには。


セルジーン株の今
0005

過去5年はレブラミドの順調な売上に比例して株価も右肩上がりだが・・・



0006


期待の新薬であるクローン病治療薬モンジャーセンが治験に失敗して先月に株価が暴落した。
決算発表でも将来のガイダンスが引き下げられた。

ただこの会社には他のも有望な薬があるし悲観する必要は無いと思い
株を買ったが時期尚早にエントリーしたので含み損になってる。
落ちるナイフを思いっきりつかんでしまった( ́・ω・ )

よってしばらくはヨブはセルジーンをロングする羽目になった。