観測者ヨブ

catalystを観測し投資するヘッジファンドalpha-catalyst

2018年02月

【セルジーン】 年間売上3000億円が期待されるオザニモドの新薬申請をFDAが拒否


0100



レブラミドやポマリストといった抗がん剤に大きな存在感を示すセルジーン
そのセルジーンは免疫疾患分野でも大型のパイプラインを有している。

有しているがゴタゴタしている
昨日はFDAにデータ不足で多発性硬化症治療薬候補オザニモドの申請を却下されてしまった。

続きを読む

株式投資のメリット:損することができる。

0099



自分の一存で損できる。


それはとても幸せな事
GE株とアラガン株で損し過ぎて頭がおかしくなった訳ではない。
被雇用者の立場だと正社員でも自分の一存で損をすることは難しい。

遥か昔、労働していた頃の記憶が蘇る。




続きを読む

【武田】 タケキャブ:最強の胃酸分泌抑制薬

0022


一般名:ボノプラザンフマル酸塩

武田薬品が開発したP-CABなのでタケキャブ


胃酸を止める薬と言えば市販薬にもなっている有名なガスターがある。
ガスターはH2ブロッカーという種類の薬でヒスタミン受容体をブロックすることで胃酸分泌を抑制する。

良い薬だが症状が重い胃潰瘍や逆流性食道炎にはパワー不足な事が多い。

なので医療用にはH2ブロッカーより効果が強いプロトンポンプ阻害薬という薬がある。

オメプラール、タケプロン、パリエット、ネキシウム

この四つはガスターより格段に胃酸分泌を抑制する力が強い
しかしこの強力なPPIにも欠点があるので更に強力で使いやすい薬が必要とされていた。

そこで誕生したのがタケキャブ(一般名:ボノプラザンフマル酸塩)

プロトンポンプを阻害するのは同じだが作用機序がこれまでと違う
カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)という新規クラスの作用機序を持つ。
続きを読む

ネスレとロレアルとサノフィとニート

0096


ここ半年、サノフィ株はダダ下がり
その原因は新薬開発の失敗ではなく資本関係の是正に伴うモノ


続きを読む

【企業分析】 Portola Pharmaceuticals Inc:血液をサラサラにしたり固まらせたりして年間売上1000億円を目指す

0012




血液疾患分野において作用機序的に真逆の薬を開発している面白い会社
炎と氷を操るフレイザード将軍的な会社


2016年の売上は開発パートナー企業からのマイルストンフィーで薬としての売上は無い
第一三共から1000万ドル バイエルとヤンセンとブリストルとファイザーから1400万ドル

FDAに承認された薬は一つだけ。
臨床試験段階の薬が2つある。

続きを読む
記事検索
問い合わせ
ご意見はこちらまで
最新コメント
  • ライブドアブログ