0012




WealthNaviならではのロボアドバイザーが、「世界の富裕層が利用する金融アルゴリズム」で、
「完全に中立な立場」から、「国際分散投資」をすべて「自動」で行います

ウェルスナビの広告が最近目に付くので調べてみたらただのETFのリバランスファンド
なんでETF持ってるだけで年間30万円も払う必要があるんだw

自動でロボアドバイザーさんが管理するならアナリスト等の人件費も無いし
ロボットのメンテ代がそんなに高いのか

ウェルスナビは預かり資産の対して3000万円までは年率1%
投資対象が低コストな海外ETFなのがメリットらしい。

投資対象の具体的なETFの運用手数料を見てみると


Vanguard Total Stock Market ETF  0.05%
iShares Barclays Aggregate Bond Fund 0.05%
SPDR Gold Trust 0.4%
SPDR S&P 500 ETF Trust 0.09%
Vanguard 500 Index Fund 0.04%



確かにどのETFも運用手数料は低く流動性も高い素晴らしい金融商品だ
運用しているバンガードもブラックロックも歴史と伝統がある。
でもさ・・・それなら・・・


直接ETF買えば良くないか?



インド株のように日本の個人投資家が直接買えない場合なら間にファンドを入れる必要もわかるが
S&P500インデックスのETFは米国株を扱っている日本の証券会社なら簡単に買える。
しかも手数料は購入時の20ドル以下の一回のみだし

退職金3000万円を運用する時に

世界一の投資家バフェット推奨のVanguard 500 Index Fund(VOO)(年間手数料0.04%=12000円)
日本の証券会社やアフィブロガーがお勧めするロボアドバイザー(年間手数料1.00%=30万円


ウェルスナビに退職金3000万円を1年預けるとVOOに預けた場合と比較して

28万8000円

余計な経費がかかる。
退職して収入がガクンと減った高齢者にとって年間28万8000円は大金だ。
28万8000円が毎年あれば旅行にも行けるし毎年便利な家電も買い換えられるし
最新のiPhoneでも毎年2台買える。

ETF買ってやるから手数料としてその大金28万8000円を払えと?

ETF本体の運用手数料が0.1%以下なのにそれを買い付けるために
その10倍以上の手数料をロボアドバイザーさんに払えと?

ロボットが飛行機に乗ってアメリカに買いに行く手間賃かな



そもそもそのロボアドバイザーて何なの?

WealthNaviでは1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の
「ポートフォリオ理論」などに基づき、世界の富裕層や機関投資家など一部の人間だけが
享受してきた高度な金融アルゴリズムによる資産運用の恩恵をすべての人にご提供します。


ノーベル賞~云々ってどこかで聞いたことあるなと思ったら20年前に破綻した
米国のヘッジファンド「LTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)」だな

LTCMはノーベル賞受賞の理論だけでなくノーベル賞受賞者自身も運用に参加したり
FRB元副議長も参加したりの金融ドリームチームで世界中から資金を集めることに成功した。
宣伝効果は抜群で世界中の年金や機関投資家から資金を吸収し、1998年に盛大に破綻したw

欲を出さずに1994年にLTCMではなくSPYに1万ドル投資してたら
2017年には配当再投資で6万ドル以上になってたのにね
高い運用手数料払って破綻とか笑える。他人のことなら

投資に詳しくない人からしたら魅力的な言葉なんだろう

ノーベル賞受賞者、最新の金融工学、ビッグデータ、ポートフォリオ理論、
ロボアドバイザーと言った単語が



お客様の資産が増えることでのみWealthNaviの収入も増える、フェアな手数料体系。客観的な基準で、完全に中立的な立場から銘柄を選定します



フェアじゃないだろ

3000万円運用して1000万円の儲けが出たら4000万円→手数料1%の年間40万円を投資家から徴収
3000万円運用して1000万円の損失が出たら2000万円→手数料1%の年間20万円を投資家に返金

↑ならまだわかるけど


そもそも完全に中立なんてありえない、
客からウェルスナビが手数料を徴収してウェルスナビがETF運用会社に手数料を払ってる時点で
中立では無い。非対称な立場だ。



ウェルスナビとS&P500 Index Fundの差は年間手数料が0.96%、金額にしたら25倍


つまりウェルスナビへの投資を勧めるなら世界一の投資家バフェットが推奨する
VOOの年間リターンを0.96%上回る根拠やメリットを示す必要がある。

年間1%をリターンから引かれるという事がどれだけ大きな負担になるのかは
長期投資家なら全員理解しているはず。

長期で米国株に投資している人は配当を求めて投資している人が多い。
VOOの年間配当利回りが1%後半なんだから税金考慮したら
S&P500の配当金再投資無しのリターンに近い。

イメージとしては手数料として配当金をロボに払うのがウェルスナビだ

それでも自身のブログでウェルスナビを宣伝している人は
ウェルスナビのアフィで高額の報酬が払われるからメリットがあるし

実際にウェルスナビを購入してブログで運用報告している人は
そのアフィ収入も含めたリターンを計算しているから
ブロガーさんがウェルスナビを購入しているのは広い意味での投資戦略として理解できる。

しかし純粋な金融商品として自分にはウェルスナビがVOOを上回る点を見つけられないので
ウェルスナビがVOOよりお勧めな点があれば誰か教えてほしい。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村