0000



フランス最大手製薬会社サノフィはバイオジェンからスピンオフされて間もない
バイオベラティブを約116億ドルで買収することに合意した。


バイオベラティブとは?

2016年にバイオジェンの血友病部門が独立してNasdaqに上場
2年も経たないうちに再び大手製薬会社の傘下に収まることになった。

主な商品は2つ、EloctateとAlprolix

Eloctate・・・抗血友病因子VIII(組換え)
Alprolix・・・抗血友病因子IX(組換え)

Bioverativは1株当たり105ドルで買収される予定。
105ドルだと先週金曜日の終値より64%のプレミアム上乗せ

Bioverativ Inc(NASDAQ:BIVV)
0052



この買収価格は割高だと市場は判断してサノフィ株は3%以上の下落率。
しかし自分的にはこの買収は割高だと思わない。
実はひそかにバイオベラティブは割安だなと思い買いを入れようか考えてたところ

EPSが2016年4ドル、105ドルでもPER21倍
すぐにサノフィの利益の5%の貢献する。

2011年にサノフィはジェンザイムを201億ドルで買収した時も割高だと批判された。
しかし今はサノフィの重要な一部門になっている。
多発性硬化症治療薬やライソゾーム病の様な希少疾患を対象とした重要な薬を開発している。

サノフィは最大のヒット薬ランタスの売上減少を補うべく買収をこれまでも試みていたが失敗続き

前立腺癌治療薬イクスタンジを持つメディベーションはファイザーに取られ
スイスの製薬会社アクテリオンはJNJに取られた。

その失敗を補うため少し割高な買収額になったのかもしれないが充分元が取れると思う。

今年はアメリカの税制改革のおかげで製薬業界のM&Aが加速する。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村