0055


ついに辿り着いた黄金の島アドセンス

航海に出てはや3か月 ようやくアドセンス島の主グーグルから入島許可を得る。

これまでの人生なんでも三日坊主だった人間にしたら物事を継続して目標を
達成するということは貴重な体験。


せっかくなのでブログを始めるきっかけからアドセンス承認までの経緯を記録しておきたくなった。

なぜブログを書こうと思ったか

昔から自分には変な癖がある。

部屋にあるテレビでニュース番組を流していると何がキッカケかは分からないが
どうでも良いニュースについて凄く気になる事がある。

例えば夜のニュースで世界最大のダイヤモンドが発見されたというニュースを聞いた。
これまでの自分の人生にダイヤモンドなんて無縁で一回も触れたことが無い物質

しかし脳の変な部分がそのニュースを聞いたことによってスイッチが入ると
そのニュースがずっと頭から離れずひたすらダイヤモンドの事を調べている。

ダイヤモンドの物理的な性質、硬いと聞くがどれくらいの硬度なのか
そもそもなぜ硬いのか 
人工ダイヤモンドの合成法 初合成した会社はGeneral Electricの子会社(現sandvik)
ダイヤモンドの歴史、デビアスの歴史 、ロスチャイルド家・・・

ダイヤモンド一つ調べだすと化学も歴史も際限なく知りたくなってくる。

そしていつのまにか朝になり調べ疲れて眠り、気が付いたら夕方だったという事が良くある。



この様な行為は完全な自己満足で何の生産性も無い。ニートが新しい事を知っても何も生まれない。


しかしある時思いつく。


自分の脳にインプットしたことをアウトプットしてみたらどうなるのかと

情報を仕入れるだけでなく仕入れた情報を自分なりに加工して出荷してみたらどうなるんだろうと

独り言としてネットにアップしてみたらどうなるのかと

風の噂によると某巨大掲示板の意見をまとめたブログが人気で
まとめている管理人が莫大な広告収入を得ていると。

羨ましいと思ったが自分は人の意見をまとめる作業に面白みを感じなかったので
自分の考えをまとめて記事にするブログにしてみようと思うに至った。

これまでに知ってること、思っていたこと。そして新しく知ったこと、思ったこと、感じたこと。

もしかしたら変わり者の自分のブログを読んでくれる奇特な人がいるかもしれない 
結果的に広告収入にはならなくても自分の書いた記事を読んでくれたら嬉しい。



中国とアメリカという↓の記事もニュースを聞いていて何故か記事を書きたくなった。

中国がアメリカを超える時、それは・・・


中国とアメリカのこれからの関係という国際社会に精通している学者ですら予見できないことを
ただのニートが意見する。滑稽だが何故か書きたくなって書いてしまった。
記事のアクセス数を見ると100人以上が自分の意見を読んでくれたようだ。

そう思うと自分の部屋で独り言をブツブツ呟くよりも楽しい。



アドセンス申請まで

アドセンスの審査は近年厳しくなったらしい。
これまでアドセンスをしたことが無かったので自分には比較できないが
以前は独自ドメインでなくても申し込めたらしい

早くアドセンスアカウント取っておけば良かったが今更言っても仕方ない。

去年の10月からブログを書き始めて3か月ほどたった頃、
来年から独自ドメインにしてアドセンス広告に挑戦してみようかと漠然と思っていた。


思っていたが独自ドメインを取るには当然お金がかかる。
アドセンス目的で独自ドメインを取りアドセンスを申請して審査に落ちたら空しい

でもライブドアブログドメインのままでは申請すらできない。

ドメイン代そのものはドメインに拘らなければ少額なのでそんなに迷わなかったが
アドセンス承認において他に懸念があった



一つ目の懸念

ブログの内容が医療系でグーグルからしたら信用できない情報なんではないかと。

申請するにあたりアドセンスの事を調べていたら
医療系の記事に対して評価を厳格化したと
サーキュレーションサイトの問題が大きく取り上げられた余波だろう

薬を始めとする医療情報は他の分野より一段上の正確性と客観性が求められる。

自分はできるだけ添付文書やインタビューフォーム等の文献を引用するように努めているが
どうしても自分の主観が入ってしまう。バイアスが掛かっている。
しかも医師や薬剤師のバイアスではなくニートの

投資と薬という2つのメインテーマでブログを作ろうとしたけど
薬の情報が載せられないんではネタが不足しそうだ。

自分としてはむしろ投資より薬のことを書きたい。



2つ目の懸念

既にウェルスナビを記事でディスっていたという事。↓

退職金3000万円をウェルスナビに10年間預けてみるか→手数料300万円


金融系ブログの広告として流行っていたウェルスナビ。
自分的にはどうしても運用手数料が割高に思えてとっさにディスる記事を書いてしまったが
広告収入をこれから得ようとするんならウェルスナビは大口の広告主なので悪手だろう。

薬局に薬を買いに来たお客さんにここに売ってる薬は値段が高い割に効かないと
他の薬局で売ってる薬の方が効くよと店員が言うようなものだ。
そんな店員クビになる。

でもだからといってウェルスナビに批判的な記事を削除してまで
アドセンスするのかと考えたらそれは自分的にできない。

自分の意見を曲げてまでお金を得るならブログじゃなくその辺のコンビニでバイトした方が早い。

学校では教師、会社では上司に媚び諂い、ネットでは広告主に媚びる。
それではせっかくブログをやる意味が無い・・・



少し迷ったがやっぱり独自ドメインに申し込むことにした。
審査に落ちても自分専用アレクサンドリア図書館として使えばいいかと思い直した。
1年あたり1000円もしないドメイン代だし



独自ドメインを取ってからアドセンス承認までの流れ



12月28日:ムームードメインで独自ドメインを取得。

初めて独自ドメインなるものを申し込む
転送設定?ぽいものが自分にできるのか不安だったがネットにある情報を参考にしたら
あっさりできた。クレジット決済なのでタイムラグ無く

せっかく独自ドメインに移行という自分にしては難易度の高い作業を完了させたので
そのままの勢いでアドセンスの申し込みを行う。

申し込んだその日にグーグルから返信が来てサイトと AdSense をリンクしろとの指示

下記のコードをコピーして、広告を掲載したいすべてのページの HTML ソース内に貼り付けます。コードは <head> タグと </head> タグの間に追加してください。
完了したら、AdSense 管理画面で [サイトにコードを貼り付けました] のチェックボックスをオンにして、[完了] をクリックします

↑の指示通りにコードを設置する。



1月4日

グーグルから返信が来る。

お客様の AdSense アカウントが作成されました。

広告掲載を開始するには、お客様のウェブサイト を
AdSense アカウントにリンクする必要があります。


との知らせ。この時点ではアカウントはできたけどまだ承認はされていない
審査するためにまた自分のブログ内にコードを張れとの指示



1月12日

グーグルから承認のポップコーンメールが届く

おめでとうございます!
アカウントの承認手続きが完了しました。
このたびは AdSense にお申し込みいただきありがとうございます。


独自ドメイン導入から約2週間でアドセンス口座が承認。
一か月はかかるとの噂を聞いていたので思いの外スピーディ。

承認される可能性は4割位かなと思っていたので承認された時は嬉しかった

それにしてもアドセンスに関する情報は様々な噂が溢れていてどれを信用したらいいのか迷った。

プライバシーポリシーについて

これは承認後に気が付いたのだがアドセンスで広告を出すには
プライバシーポリシーなるものを表示する必要があるそうだ。

審査段階でもプライバシーポリシーが無いと承認されないとアドセンス解説サイトに
掛かれていたが自分は全くプライバシーポリシーを記載していなかった。

おそらく審査段階ではなく実際に広告配信する段階までにプライバシーポリシーを用意しておけばいいんだろう。






今後

黄金の島アドセンスに上陸することを許可された。

しかしアドセンス島にいるだけでは黄金もギャルも手に入らない
アドセンス島は弱肉強食の世界。
強者はドンドンPVを集め島の主であるグーグルから報酬を受け取るシステム。
PVを集められないものは飢え死にするしかない修羅の国。

現在の自分のPVは月1万PV以下
1PV当たり0.1円だと1000円にも満たない。

ブログで生計を立てるのは厳しい道のりなようだ。
アドセンス承認より承認された後の方が遥かに困難が待ち受けている。