001


2018年1月31日
米製薬大手のファイザー(NYSE:PFE)は2017年Q4の決算を発表した。
 
売上は予想13.7億ドルに対して13.7億ドルで予想と一致
EPSは予想0.56ドルに対して0.62ドルで予想を上回る

2018年のEPSガイダンスは$2.9-$3.0が示された。

米国の法人税改革のおかげで2018年の実効税率は約17%と想定されている。


今後5年間で約50億ドルを遺伝子治療を行う米国の施設のアップグレードと拡大に投資する予定


GOOD


ゼルヤンツ

経口関節リウマチ治療薬ゼルヤンツの売上は順調な伸び
前年比47.5%増の4.11億万ドルとなり、3.93億ドルの市場予想を上回った。
2017年通年の売上は13.4億ドル



BAD


イブランス

乳がん治療薬イブランスの売上高は前年同期比11.4%増の7.16億ドルだが予想を下回った。
2017年通年の売上は31.26億ドル


ゼルヤンツとイブランスの売上の伸び(100万ドル)
004





プレブナー


トップセールスの肺炎予防ワクチン「プレブナー」が米国市場で飽和しつつある。
2017年売上56億ドル

003




リピトール

ライバルのクレストールが特許切れになったのでより価格への圧力が強まる。
特許が切れてもうかなり経つが未だに2000億円の売上がある




所見


これまでの主力薬であるエンブレル、リリカが特許切れで売上は減少していくが
メディベーション、ホスピーラ、アナコールの買収によってパイプラインは強化された。

AdvilやChapstickのOTC事業の売却先と価格がどうなるか不明だが
その売却益を使って更に医療用医薬品の開発や買収に集中する。

ファイザーの配当利回りは3.6%
過去3年間の配当性向は平均48%と増配する余力は充分ある。



Pfizer Inc.(NYSE:PFE)
002



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村