0005


少しでも株数を増やしたいorキャッシュを増やしたい場合に有効な手段がある。
 

ABBVを100株@92.5ドルで買ったんだがその時に自分はゴール決めた。

そのゴールとは一か月以内に100ドル

92.5ドルが100ドルになると7.5ドルの利益で原資産ポジションに対して+8.1%

一か月で+8.1%

大型製薬株のリターンとしては満足

そこで予め自分は5月18日までに100ドルで買う権利Callを1.45ドル売った。
この段階で普通にABBV現物株を買うより1.45ドルの現金が入ったのでプラス

大暴騰して200ドルになっても100ドルで売らないといけないので儲け損なう。

しかしその分の保険料を先に1.45ドル貰った。
200ドルまで上がった場合だと原資産の値上がりが7.5ドル+保険料1.45ドル=8.95ドル

一か月で+9.6%

この段階でも現金1.45ドル入っているので普通に現物株を買うよりはリターンの向上は期待できる
しかしこれではただのカバードコールなのでもう一工夫する。

オプションには買う権利だけではなく売る権利も存在する。

下落に備えるPut

下落に備えて売ったCallの1.45ドル分のputを買った。

5月18日期限の82.5ドルのPutを1.46ドルで


つまり自分が今回取ったポジションは3つ

ABBV 現物株92.5ドルで買い
ABBV CALL@100ドルを売り
ABBV PUT@82.5ドルで買い



この3つの合成ポジションは暴落したらPUTが輝き出す。そのPUTという保険を買うためのコストを
CALL売りにより捻出した

仮に50ドルまで暴落するとPUTの価値が32.5ドルになり現金が3250ドル手に入る。

株は上昇する時はじわじわ上がり下落する時はあっという間に下落する。
そんな株式投資に相応しいヘッジ方法がゼロプレミアムヘッジ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村