製品画像


一般名: ジアゼパム

1960年にHoffmann− La Rocheの研究所でスターンバック博士により合成された精神安定剤

日本では武田がセルシン、アステラスがホリゾンという商品名で販売している。
アメリカでの商品名はヴァリウム

アメリカで最も売れた向精神薬でローリングストーンズの歌にも登場

Mother's little helperというタイトルの歌

最近の母親達は疲れている、でもそれは必ずしも病気ってわけじゃないんだ
この小さな黄色い錠剤(ジアゼパム)がある、これさえあれば忙しい主婦業もやっていけるんだ~
旦那の料理を作るのが面倒くさい時は2錠あれば大丈夫♪
でも精神科を受診した後ですぐにまた4錠きめる~(^^♪

というCoolな歌が発表される位に大ヒット

画像の錠剤は青いが純粋なジアゼパムは白色~淡黄色の結晶性


効能・効果

不安・緊張・抑うつ・筋痙攣・麻酔前投薬
てんかん様重積状態におけるけいれんの抑制

基本的に精神安定剤として使われるが多目的に使われる。

胃カメラをする前に使用されることがあるし子供の熱性けいれん時には座薬がよく使用される。
肩凝り、あがり症、こむら返り等でも使用されることがある。

国によっては軍のスナイパーに持たせている所もある。
戦時だと兵士のテンションを上げるためにヒロポン等アップ系が使われるがスナイパーは逆に落ち着いて震えを止めて標的を狙わないといけないので安定剤の出番



用法及び用量

成人には1回ジアゼパムとして2~5mgを1日2~4回経口投与する。
ただし、外来患者は原則として1日量ジアゼパムとして15mg以内とする。

小児に用いる場合には、3歳以下は1日量ジアゼパムとして1~5mgを、4~12歳は1日量ジアゼパムとして2~10mgを、それぞれ1~3回に分割経口投与する。


小さな子供にも使用することができる。
ただジアゼパムを使うのは精神安定剤としてではなく熱性けいれんや癲癇発作時の抑制目的が大半





構造式

構造式

構造的に脂溶性がとても高い。
なので血液脳関門を簡単に通過でき脳に到達できる。

脂溶性が高い事は中枢神経系の薬の大きなメリットではあるがデメリットもある。
筋肉注射をする場合だと脂肪組織にジアゼパムが吸着してしまい血中濃度が上昇しなかったり
点滴をしようとすると点滴のバックの疎水部分に吸着してしまったり

そしてアルコールも脂溶性が高く血液脳関門を通過できるので酔っぱらう。
ジアゼパムとアルコールを併用すると中枢抑制作用が増すので控えよう。




薬理作用

ジアゼパムがBDZ受容体に結合すると、BDZ受容体と GABAA 受容体との相互作用により、GABA の GABAA 受容体への親和性が増加し、間接的に GABA の作用が増強する。

受容体1


大脳辺縁系にある神経細胞の活動電位を低下させることでリラックスさせる。
細胞膜内のプラス電荷状態をクロライドイオンの負電荷を多く流し込んでマイナスにしよう作戦

ジアゼパムが結合する所は5つのサブユニットから成るαが2個、βが2個、γが1個の5量体の一部


ジアゼパムがGABAa受容体-Clチャネル複合体のαとγ位の間に結合する。
GABAの受容体に対する親和性を増加させαとβの間にGABAが結合しやすくなる。
GABAが結合してCl イオンチャネルの開口回数が増加してマイナスに帯電しているCl イオンの流入が増加する。
マイナス電荷が細胞興奮の抑制を強めることにより細胞の興奮を抑制する。



過量摂取で命を落とすバルビツール酸系はクロライドチャネルに直接作用してしまうので用量依存的にドンドン作用してしまう。

それに対してジアゼパムは間接的な作用機序。
BDZ受容体に結合してその結果GABAの結合を促進するので結合する受容体自体が既にジアゼパムで飽和しているとそれ以上は結合できない。

なのでBDZは比較的安全な薬だとされている。しかし飲み過ぎには注意しよう。
サプリのGABAは向精神薬としての作用はない



ジアゼパムの効果

初めて製品化されたBDZ系薬クロルジアゼポキシドの約5倍、抗痙攣作用は約5〜10倍強い
抗不安作用、鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用の4つの作用の強さは全て中

作用が中ぐらいというよりこのジアゼパムがBDZ系の薬のスタンダード
なので精神薬の強さを比較するときにはセルシンの○○mgに相当するという表現が見られる。

例)デパス1.5mgがセルシン5mgに相当する。
↑デパスは短時間作用型でセルシンは長時間作用型なので単純に比較はできないが目安として

 

ベンゾジアゼピン系薬の等価換算表

参考までに↓
換算

フェノバールはバルビツール酸系だが大よその目安ということで



併用禁忌薬

リトナビル

チトクロームP450に対する競合的阻害により、本剤の血中濃度が大幅に上昇する。

HIV患者さんは精神系の薬を飲んでいる場合も多いので注意しよう。



重大な副作用

薬物依存による痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状

筋弛緩作用がそこそこ強いので高齢者だとフラツキ→転倒→骨折→寝たきり→認知症のリスクもある



吸収と作用時間

血中濃度


ジアゼパムは経口でも急速に消化管より吸収される。
そして1時間ちょっとで最高血中濃度に到達する即効性がある。
しかし半減期が50時間以上もある。

そしてジアゼパムは肝臓で代謝されるとデメチルジアゼパムという活性代謝物が生成される。
この物質も半減期が2–5日と更に長い。ジアゼパムの作用時間は長い。



デスメチル血中濃度



よってジアゼパムは体内動態的には二相性を示す。



代謝

代謝




ジアゼパムの分解はほとんど肝臓のCYP2C19と呼ばれる酵素によって処理される。
この酵素は喫煙によって増えるので、喫煙者はセルシンが効きにくい。




排泄

主に腎臓から

院患者2例に3Hジアゼパム10mgを単回経口投与したとき、12日間での尿中排泄率は
それぞれ62%、73%



中毒

ジアゼパムを大量に摂取した患者の血中濃度を測定した結果1,000ng/mL以上は明らかな中毒域濃度500〜1,000ng/mLは中毒域と治療域のオーバーラップ濃度域と考えられた.

2mg、5mg、10mgの最高血中濃度を比較すると服用量に比例して最高血中濃度が上昇している。
10mg錠で最高血中濃度が250ng/mLということはその4倍 セルシン40mgで中毒域に達する可能性




独り言

ジアゼパムはベンゾジアゼピン系薬の基本薬。
BDZ初発であるクロルジアゼポキシドの一世代改良版だが完成度が高く世界中で愛用されている。
剤形を見ても錠剤だけでなく散剤、液剤、座薬、筋注、静注、点滴注とオールマイティ

この薬を基本として新たな精神安定剤や睡眠薬も開発された。
武田薬品はジアゼパムの構造を改良して長時間作用タイプの睡眠薬ユーロジンを開発。

そんな皆に愛されているジアゼパム
しかし日本では愛され過ぎて過剰処方という事で厚生労働省は抑制する方針を打ち出している

3剤以上の同種薬を処方すると病院の点数を減らすとか

その程度の抑制策では大して処方量が減らないと思うけど・・・
英国の様に継続期間を4週間までにしたりオランダのようにBDZ薬を保険適応外にしたりしないと

もうベンゾジアゼピン系薬は特許とか大昔に切れててセルシン錠5mgとか10円もしないし保険財政的にはそこまで大きな問題では無いけど使い過ぎは依存性もあるし耐性も付く

困った時にここぞっていう場面で使おう

サラリーマンは疲れてもアップ系の栄養ドリンクを飲み残業に耐え
緊張する重要な会議前にはジアゼパムを服用し精神を落ち着かせて臨む。

スナイパーもサラリーマンも命懸け

bf05

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村