paxil


選択的セロトニン再取り込み阻害薬(: Selective Serotonin Reuptake Inhibitors, SSRI)

SSRIというフレーズを最初に使ったのはパキシル
宣伝のためにGSKが自ら創り出した言葉

しかし成分のパロキセチンを発見したのはデンマークの製薬会社

セロトニントランスポーター阻害薬を研究していた時に発見した物質だが他に有望な候補があったので1980年、英国のビーチャム社に売却され以降の臨床試験はGSKが行った。

デビューは1991年に英国で、1993年に米国、日本では2000年にようやく発売

発売されると先行していたゾロフトやプロザックを売上で抜き去りSSRIのトップに駆け上がった
米国でパニック障害に効果が認められた初めての抗うつ薬


一般名:パロキセチン
商品名の由来:一般名である paroxetine から


効能又は効果

うつ病・うつ状態
パニック障害
強迫性障害
社会不安障害
外傷後ストレス障害

強迫性障害に対しては1日50mgまで使用できる



パキシルの構造式
str




用法及び用量

うつ病・うつ状態
成人には 1 日 1 回夕食後パロキセチンとして20~40mgを経口投与
投与は 1 回10~20mgより開始し、原則として 1 週ごとに10mg/日ずつ増量する。
症状により 1 日40mgを超えない範囲で適宜増減する。

パニック障害
成人には 1 日 1 回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口投与。
投与は 1 回10mgより開始し、原則として1 週ごとに10mg/日ずつ増量する。
症状により 1 日30mgを超えない範囲で適宜増減する。

強迫性障害
成人には 1 日 1 回夕食後、パロキセチンとして40mgを経口投与。
投与は 1 回20mgより開始し、原則として1 週ごとに10mg/日ずつ増量する。
症状により 1 日50mgを超えない範囲で適宜増減する。

社会不安障害
成人には 1 日 1 回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与。
投与は 1 回10mgより開始し、原則として1 週ごとに10mg/日ずつ増量する。
症状により 1 日40mgを超えない範囲で適宜増減する。

外傷後ストレス障害
成人には 1 日 1 回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口投与。
投与は 1 回10~20mgより開始し、原則として 1 週ごとに10mg/日ずつ増量する。
症状により1 日40mgを超えない範囲で適宜増減する。

5つの疾患に対してパキシルは使用できるが1日最高投与量が微妙に違っている。
パニック障害には1日30mgまでしか使えないが強迫性障害には1日50mgまで使える

適応外で痒み、耳鳴り、PMS、三叉神経痛に使われたり多様な作用をもつ
国により承認状況が異なり米国だとPMSに保険が使える
(*パキシルCR錠はうつ病にしか効能効果がない、添付文書的に



妊娠中のパキシル服用について

妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ本剤の投与を開始すること。また、本剤投与中に妊娠が判明した場合には、投与継続が治療上妥当と判断される場合以外は、投与を中止する

パキシルはFDAの分類だとゾロフト等他のSSRIより一段階上のリスクがあるとなっているので可能であれば服用は控えた方が良い。



小児や未成年に対してのパキシルについて

小児等に対する安全性は確立していない。
海外で実施した 7 ~18歳の大うつ病性障害患者(DSM-IVにおける分類)を対象としたプラセボ対照の臨床試験において本剤の有効性が確認できなかったとの報告がある。

同じSSRIのレクサプロは12~17歳には有効性が認められたとの報告があるのでパキシルよりはレクサプロの方がマシ、SSRIをどうしても使わないといけない状況だったらだが



薬理作用
meca



選択的なセロトニン(5-HT)取り込み阻害作用を示し神経間隙内の5-HT濃度を上昇させ、反復経口投与によって5-HT2C受容体のdown-regulationを誘発し抗うつ作用及び抗不安作用を示すと考えられる

鬱病がなぜ起こるか正確にはまだ解明されていないがセロトニン濃度の低下が原因の一つと考えられている。なのでそのセロトニンの濃度を増やそうという試みがパキシル

セロトニンはせっかく神経間隙に存在しても再吸収されてしまうのでその再吸収を邪魔するとUP
パロキセチン20mg/Dayの服用で前頭前野におけるセロトニントランスポーターの約88%を占める。




臨床効果

うつ病・うつ状態に対する効果

対象患者:うつ病又はうつ状態(任意漸増法により)6週間投与

パロキセチン低用量 41 例(L 群:10-20mg/日)
パロキセチン高用量 45 例(H 群:20-30-40mg/日)
イミプラミン 52 例(I 群:50-100-150mg/日)

utu


三環系抗うつ薬のトフラニールと互角の成績
そして副作用は優位にトフラニールよりも少ない。
日本で最初に発売されたSSRIであるルボックスに対しても抗鬱作用は非劣勢
パキシルの後に発売されたSSRIと比較してもトップレベルの抗うつ作用を持つ


H 群最終全般改善度における改善率(中等度改善以上)
20mg/日 42.9%(9/21 例)、30mg/日 44.4%(4/9 例)、40mg/日 60.0%(6/10 例)

と用量の増加に伴い上昇している。

抗うつ薬だが抗不安作用も確かなものがある。

副作用

総症例1424例中975例(68.5%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。
その主なものは、傾眠336例(23.6%)、嘔気268例(18.8%)、めまい182例(12.8%)、頭痛133例(9.3%)、肝機能検査値異常120例(8.4%)、便秘113例(7.9%)であった(承認時)

 
パキシルの吐き気
飲み始めは吐き気が出やすい、セロトニンが作用して吐き気を誘因する。
一般的に継続服用すれば体が慣れて吐き気は落ち着くが慣れるまで辛い場合は胃薬を併用。
それか普通錠ならCR錠に変更してもらうとマシになる。
普通錠よりCR錠は溶け方がゆっくりなので消化管で一気に増えない。

胃薬を併用したり慎重を期すならパキシルの5mgから試すのもありかも
しかしレセプト的には5mg/dayからの開始は返戻対象となる場合がある。
レセ摘にコメントを書いておけば通りやすいかも

ゾロフトやルボックスと比較すると吐き気や下痢の副作用をマシなほう

パキシルの体重増加
パキシルは他のSSRIと比較すると一段太りやすい。特に女性にその傾向がある。
最初に患者に伝えておかないと肥満が原因で更に鬱になったり自己判断での服用中止に繋がる。

なぜパキシルを飲んだら太るのかと言えばパキシルは抗ヒスタミン作用があるから。
ヒスタミンは代謝を促進するのでそれを邪魔すると代謝が落ちてしまう。

三環系抗うつ薬よりは抗ヒスタミン作用が弱いがそれでも明らかに抗ヒスタミン作用を持つ。



パキシルの眠気
前述のようにパキシルはヒスタミンを阻害する。ヒスタミンは覚醒物質でもあるので覚醒物質を邪魔すると眠くもなる。抗ヒスタミン作用でアレルギー反応を抑える薬が大概眠くなる理由



パキシルの性機能障害
パキシルのセロトニン2受容体刺激作用が性欲を低下させる。
この副作用を利用して逆に早漏の治療薬としても使われているがもちろん保険は使えない。

アドレナリンα受容体の遮断は性機能障害の一因だがこの遮断作用によって血圧が下がったりも

性機能や性欲減退はパキシルを服用中止したら回復する



パキシル離脱に起きる副作用シャンビリ
耳鳴りがシャンシャンとを聞こえ、手足がビリビリと痺れる
服用中断後数日で症状が現れることパターン

普通錠をいきなり辞めるのではなくCR錠に
CR錠12.5mgからCR錠6.25mgへ段階的に減らしていけばシャンビリ発現リスクは減る。



吸収と作用時間
tmax

パキシルの特徴的な体内動態として非線形な血中濃度の変動がある。
パロキセチンはCYP2D6により代謝されるがパロキセチン自体が2D6を阻害する。

なので2倍量を服用すると血中濃度は2倍でなく3~4倍に跳ね上がってしまう。
逆に減薬する時は一気に半分量にすると血中濃度が下がり過ぎて離脱症状が起きやすい。



han

SSRIはパキシルに限らずすぐに効果が表れない。
早くても一週間、平均的には2週間継続した服用が必要。



代謝
tain


メチレンジオキシフェニル基の脱メチレン化は、CYP2D6によって行われる。
SSRI様薬理活性を持つ代謝物は無い。



排泄

健康成人に14C標識パロキセチン塩酸塩30mgを単回経口投与した時の放射能は、投与後168時間以内に投与量の約64%が尿中にほとんど代謝物として排泄され、糞中には約35%

パキシルは3分の2が尿、3分の1が糞便へ

米国では尿から排泄されたSSRIが生態系に影響を与えているかもしれないとの報告がある



併用禁忌

エフピー(一般名:セレギリン塩酸塩):覚せい剤原料で併用すると脳内のセロトニン脳が上昇
オーラップ(一般名:ピモジド):CYP2D6を阻害することによりピモジド濃度が上昇しQT延長

併用注意薬で中枢神経系薬だとリスペリドンや三環系抗うつ薬はCYP2D6が代謝に関わるので注意



パキシルの売上

sales


特許切れで大きく売り上げを減らしGSKグループ全体売上の1%以下だがまだ一年間で200億円以上の売上がある。




独り言

パキシルは日本で二番目に発売されたSSRIだが売上は日本一

日本では5mg錠やCR錠といった小回りの利く剤形が用意されており正しく使用すれば副作用を減らすことが可能

しかし服用しても即効性が無く副作用が何かしら出る薬なので自己判断での服用はお勧めしない

ad


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村