rm


とある理由で知り合いのために働くことになったニートのヨブ

家賃は全額向こう持ちだが用意してくれた部屋は職場から遠く狭い
なので自分で近場の部屋を契約しようと不動産屋に赴くことに。
不動産屋に行く前に

まずはインターネットで住みたい家を調べる。
今は不動産屋のサイトで地図上に貸し出し中の部屋を表示してくれたり部屋の内部の詳細を写真や3D動画?のような技術で事細かに確認できる。

なので1日ネットを探したら目ぼしい物件は一つに絞ることができた。



不動産屋に内見の連絡をする

不動産屋サイトの個別物件サイトから直接不動産の担当者にメールを起こることができた。
見学したい旨をメールで伝えると2時間もしないうちに返信が来る。

不動産屋側はいつでも歓迎とのこと。
即行動ということで翌日の午後に予約をする。

今の住み家から遠いのでせっかくなら見学のついでに契約の申し込みをしたい
なので不動産屋に契約に必要なものを聞く。

必要なものは

身分証明書(運転免許証)

のみ

本当か?不動産の賃貸契約とか書類やハンコの山だと想像していたが
シンプル過ぎだろと

結果的には賃貸契約の申し込みには確かに身分証明書でよかったが正式な契約には様々なモノが必要



実際に物件を見学

感じの良い担当者が待ち構えていてすぐに車で物件に向かうことになった。

車で走って15分、目的の物件に到着
担当者が部屋の鍵の開け方に手間取っていた間に周りの様子を伺う。

部屋から見える範囲にコンビニとスーパーがあり生活に不便はしなさそう。
コインランドリーもある。

鍵がやっと空きいざ入室

予めネットで何回も見ていたので予想通りだが思っていた以上に部屋が広い。
4部屋ある。一人暮らしだと広く感じる。

部屋の周りの地域はこれから開発される地域らしく工事中の看板がチラホラ見かける

水回りや部屋の細部を見て回り15分ほど経ったところで見学終わり
不動産屋に車で戻り契約の詳細を詰めることになった。



賃貸契約に必要なもの

自分は無職
なので保証人が必要だろうと想定していたのだが必要無いらしい。
その代わりに家賃保証会社なるものを利用するとのこと。

自分が家賃不払いになったらその保証会社が代わりに支払う。
社債や国債の保証としてのCDSの様なものか?



不動産屋から契約の際に必要と言われたものは

  • 住民票
  • 所得証明
  • 印鑑証明書
  • 預金通帳(キャッシュカードでも可
  • 印鑑(実印・認印・銀行印)

それとモノではないのだがこれから働く所の連絡先
上記は鍵の引き渡し時点で用意すれば良いとのこと

なので後日市役所に行くことになる。


初期費用は?

二カ月分の賃料と共益費
保証委託料
消毒施工費
仲介手数料



細かい金額は見学の翌日に担当者からメールで送られてきた。
その合計金額は


約30万円


ニートにしてはなかなかの出費だが仕方ない。30万円で快適な生活ができるのなら

ネット銀行から振り込み手続き終了




実印と認印と銀行印とは?


実印:役所で印鑑登録された印鑑。
認印:登録や届出をしていない印鑑。
銀行印:金融機関の口座開設の際に届け出た印鑑。

初めて印鑑の違いを知った。社会人なら常識なのかもしれんがニートだし知らないのも無理はない
これまで銀行印とか使った事が無いしそもそも作っていなかったので近くのはんこ屋さんで作った。

はんこ屋さんにいき3つのハンコが欲しいとしどろもどろになりながら話すとその3つの印鑑がセットになったものが1万円であると言われ即購入。翌日完成するから再び取りに行く。

しばらくはんこ屋さんの店内を見て回ると一本30万円の象牙のハンコなども売っていた。
経営者などが買うのだろうか

もう買ってしまった後に気が付いたけど銀行印と実印は兼用できるのだろうか?
むしろ役所が証明している銀行印の方が信頼性が増す気がする。

そのハンコ無くしたら大ダメージになるけど



住民票と所得証明書を貰いに役所へ


平日の午後ということもあり自分以外にお客さんはいない。
小さい役場で窓口にいる職員は4人。

入るとその職員4人の視線が一斉に自分に集まる。

住民票と所得証明書が欲しい旨を知らせると申込書を書けと指示される。

自分が住民票発行の申請書類を書いているとすることがないのか職員全でこちらを見ている
住民票と所得証明書の2枚必要なので時間がかかり気まずい

音楽も流れていないので静寂に包まれる役所
窓口の公務員さんたちはお互い全く会話が無くずっとこちらを向いている。

自分が申込書を一人の人に提出するとなぜか他の2人も一緒に作業に取り掛かる。
余った一人は直立不動のまま前を遠くを見据えている。ボッチか

手数料を支払い無事2通の書類を手に入れる。
印鑑証明はまだ実印が完成していないので後日・・




疲れた。
部屋を借りるというのは労力がかかる。
まだ働く前準備段階なのに先が思いやられる。
最低限の家電や家具も手配しないといけないし

部屋を借りて入居した段階で疲れ果ててそのまま働かずにやっぱりニート続ける可能性もある。
生活が快適になった一人暮らしニート
それもいいか



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村