rio0001


【銘柄】Rio Tinto
【ティッカー】RIO
【CALL or PUT】CALL
【買い or 売り】売り
【行使価格】77豪ドル
【仕掛日】18年8月8日
【決済日】18年8月30日
【受取プレミアム】85豪ドル
【枚数】1枚
 

ロスチャイルド系企業である資源メジャーのリオティント
BHPビリトンと共に世界に鉄鉱石やボーキサイトを始め様々な資源を人類に供給している。

そしてもちろん株主にはあれを供給している・・・

配当


リオティントもBHPも現在の配当利回りは5%以上。
しかも英豪に上場しているのでどちらにしても配当源泉徴収税率はゼロ

純粋に配当だけを目当てに買うのであればAT&Tを買っていればいいが値動きが軽やかな資源株だとトレーディング妙味もある。

今リオティントはチリ鉱山でのストライキや中国関係で株価を落としているがちょっとの事では揺るがない会社。 




配当落ちを挟むオプション戦略


そろそろ配当落ち、そして株価も安くなってきたので普通に現物株をロングしても良いかと思ったが欲深い自分は買値とほぼ同値のCALLオプションを売ることにした。

こうすることで更に利益が得られる。

配当落ちは8月9日なのでこのままいけば権利行使されずに現物株を持っている自分が配当金を得る。
そして8月30日までに配当落ち分含めて77豪ドルに値を戻せなければ自分は売ったCALLオプション分のプレミアムを頂くことができる。

のこり3週間で配当とプレミアムを合わせると240豪ドルの利益は確定させるポジション
このポジションの結果は8月30日までに出る。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村