00002



トルコのエルドアン大統領は、通貨リラの下落に対する懸念を退け、国民は「不安を感じる必要はない」と述べた。米国との対立が深まる中、リラはここ数週間で過去最安値を更新している。

両国はトルコで拘束されている米国人牧師を巡り対立しており、米国はトルコのギュル法相とソイル内相に制裁を科した。

トルコ政府代表団は対米関係改善を目指し米当局者と会談したが、進展はなかったことを受け、リラTRYTOM=D3は10日の取引で一段と下げた。

エルドアン大統領は9日夜にリゼ県で支持者に対し、リラ安はトルコへの反対運動によるものだとして懸念を一蹴。「さまざまな反対運動がある。聞き入れてはならない」とし、「彼らにドルがあるなら、われわれにはわれわれの国民や神がいる」と述べた。
[アンカラ 10日 ロイター]


相場を張る人間が一番してはいけないこと、それは





神に祈ること


別名お祈り投資法 

相場をしていると自分が張った方向と逆に行くことはたくさんある。
自分の設定した損切ラインを遥かに超えているのに損切できない。
損切した瞬間に株が切りあがったら悔しいとかどうこう思考が巡る。

思考しているうちはまだマシ
だんだん思考から妄想、そして無我の境地へと至り最終的に神へ祈る
クソポジを助けてくださいと

当然神様に祈りは届かず損失は拡大し致命傷になる。
これが個人トレーダーならその迷惑はせいぜいその家族までだが自国の大統領が祈ってるトルコ国民は絶望しかない

日本もいつか円が暴落して総理大臣がドルを売って円を買いましょうとか言い出すかもしれないが

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村