観測者ヨブ

catalystを観測し投資するヘッジファンドalpha-catalyst

株式投資

Facebookとテンセントにみる共通点と相違点

米フェイスブックが先月発表した決算も売上高やユーザー数がアナリスト予想に届かず、株価がその後に歴史的な大幅安を記録。株式相場の上昇をけん引してきたテクノロジーのスーパースター企業が事業運営に苦慮している兆しが示された。

  事情に詳しい関係者によると、中国は政府機関間の権限見直しに伴い、新たなゲームの認可を凍結。こうした動きはテンセントにとって一段の圧力となる。同社の時価総額は1月のピーク時以降、1600億ドル(約17兆7000億円)余り減少した。

同社の劉熾平社長は電話会議で、「売り上げの伸びで見れば、ゲームは特に弱い部分だ。主力ゲームをまだ収益化できていない」と発言。「今回のことは、われわれで手に負える範囲をやや超えているが、いずれ解決できるだろう」と述べた。[ブルームバーグ]



テンセントとFacebookの時価総額はそれぞれ5000億ドルと4300億ドル
日本最大企業のトヨタ自動車2つ分以上の価値を持つ超巨大企業

二社ともユーザー数というモノが収益の根幹となっている。
その二つのユーザーコミュニケーション企業に陰りが見えている。

表面的な問題はユーザー増加率の低下だが

続きを読む

【草】 7兆円で買収したばかりのモンサントが裁判で負けてバイエルの時価総額が1兆円吹き飛ぶwww

00005




ドイツ製薬大手バイエルが今年の6月に買収が完了した農薬会社モンサント

その主力製品である除草剤ラウンドアップ(一般名:グリホサート)のせいで癌になったとして訴えていた人がいる。

サンフランシスコ近郊の学校でグラウンドキーパーをしていたDewayne Johnsonさん
2012年半ばから2016年初めにラウンドアップを年間20〜30回使用され、その結果自身が非ホジキンリンパ腫に罹患したとしてモンサントに賠償を求めていた。

もちろんモンサントとその親会社バイエルはラウンドアップの安全性を主張。
「科学的結論、世界中の規制当局の見解、数十年にわたってグリホサートを実際に使用してきた経験に基づき、バイエルはグリホサートが安全で、発がん性はないと確信している」と

そしてその裁判の結果は・・・ 続きを読む

個人投資家が真似るべきソフトバンクとバークシャーの共通点

00003


ソフトバンクによるスイス再保険への出資交渉は決裂したらしい。そもそもなぜソフトバンクが保険業界に巨額の出資をするのか解らないといった声も聞こえた。傘下に保険会社を保有するバークシャーならともかく

これから成長するIT企業に初期段階で出資し大きくなってからその利益を享受するのが孫正義
既に世界有数の再保険会社であるスイス再保険に出資しようとした意味は・・・


続きを読む

武田薬品はシャイアー買収後も高配当を維持できるのか?

0000


武田薬品が5月8日に出したIRにはこう書いてある。

確固たる配当方針及び信用格付けを維持してまいります。
当社の確固たる配当方針は、引き続き将来の株主還元の根幹を成すものです。


しかしシャイアー買収後もこれまで通り高配当を維持できるのだろうか?続きを読む

武田薬品がシャイアー買収合意を発表、しかし市場は成立に懐疑的

99999


5月8日、武田薬品がシャイアー買収で合意と発表した。

武田の発表によると
  • シャイアーの株主はシャイアー社株式1株当たり30.33米ドルの現金、ならびに0.839の武田新株式もしくは1.678の武田ADRのいずれかを受領する権利を有する。
  • 本買収は両社の取締役会によって承認されており、2019年上期に完了予定
  • 買収の完了により、当社株主は統合後の会社の約50%を保有する
  • 武田株は引き続き東京証券取引所に上場し、同時に米国ニューヨーク証券取引所にも上場
  • JPモルガン・チェース・バンクNA、三井住友銀行、三菱UFJ銀行との間で308.5億米ドルのブリッジファシリティ契約を締結

とのこと。

だかしかし・・・
続きを読む
記事検索
問い合わせ
ご意見はこちらまで
最新コメント
  • ライブドアブログ