観測者ヨブ

catalystを観測し投資するヘッジファンドalpha-catalyst

企業分析

【企業分析】 バイエル:ドイツ化学産業の光と影を併せ持つ製薬会社

bayer2


ドイツ最大の製薬会社バイエル
バイエルは痛み止めのアスピリンを販売している製薬会社として世界的に知られている。

バイエルの会社としての起源はノバルティスと同じく染料業
染料はそれ自体が薬効を持つ物質が多く製薬業と親和性が高い

しかしバイエルは製薬分野だけではなく農薬部門、動物医薬品部門、OTC部門なども持つ
ノバルティスアストラゼネカが農薬部門を売却して医療用医薬品に専念しているのとは対照的にバイエルは米モンサントを7兆円で買収しようとしたり農業分野でも存在感を増している。


 続きを読む

【企業分析】 ブリストル・マイヤーズ スクイブ:株主にとってもバファリンみたいに優しい製薬会社

12121


ブリストル・マイヤーズ スクイブは一般用医薬品に強かったブリストルマイヤーズと抗がん剤など医療用医薬品に強かったスクイブが1989年に合併して誕生したアメリカの製薬会社

シーゲル銘柄であり1957~2012年の運用リターンは年率換算で14%と株主にとても優しい製薬会社

BMY社が開発した商品で最も有名なのは薬の半分が優しさで構成されていると噂のバファリン
しかし現在「バファリン」というブランドはBMY社ではなく日本だとライオン社が保有している。

じゃあ今は何を売っているのかと言えば超高額の治療費で議論を呼んだ抗がん剤オプジーボ
このオプジーボは小野薬品工業とBMY社との共同開発。

そしてバファリンからオプジーボの60年間にも様々な薬を開発してきた。


続きを読む

【企業分析】 イーライリリー:インスリン界を支配している御三家の一つ

0000


 世界のインスリン市場を独占している3つの会社がある。

フランスのサノフィ
デンマークのノボノルディスク
アメリカのイーライリリー

この三社が1920年代にインスリンが発見されてから現在に至るまで
ひたすらインスリンを製造し市場を独占してきた。

続きを読む

【企業分析】 ロシュ:2017年製薬会社売上ランキング世界一

000236


2017年通期決算でロシュは前年1位のファイザーを抜き去りついに製薬会社売上世界一となった。
ロシュは売上だけでなく研究開発費も世界一。研究開発費は1兆円を超えている。

本社はスイスのバーゼルにあり同業のノバルティス本社もバーゼルにある。
両社はライン川沿いにありご近所さん

ロシュとノバルティスは物理的な距離だけでなく資本関係も近い。
筆頭株主は創業者一族ホフマン家が45%を保有しているが第二位株主はそのバルティスで33%保有

ロシュタワーはスイス国内で最も高層なビルだが更に高いタワーを併設予定。


続きを読む

【企業分析】 シャイアー:希少疾病用医薬品のリーディング・カンパニー

1111


シャイアーはアイルランドのダブリンに本拠地を置く製薬会社
希少疾患の医薬品や難治性疾患に用いる薬を開発している。

これまでどの製薬会社も開発したことが無い治療薬を最初に開発すると大きな利益が製薬会社にもたらされる。それが患者数がごく少数の希少疾患薬であったとしても

なぜなら先進国は開発難易度の高い病気や希少で患者の絶対数が少ないことが想定される薬に対して特許独占期間の延長や高額な薬価設定をインセンティブとして製薬会社に認めている。
そんな希少疾患用医薬品開発で世界一なのがアイルランドのシャイアー

シャイアーは薄利多売が前提の後発医薬品メーカーTEVAと対極に位置する製薬会社


 続きを読む
記事検索
問い合わせ
ご意見はこちらまで
最新コメント
  • ライブドアブログ